試験合格率と就職率を要確認

カテゴリ

最新情報

2017年12月14日
美容師は理系の知識が要求されるを更新。
2017年12月14日
試験合格率と就職率を要確認を更新。
2017年12月14日
通学よりも費用を安く抑える方法を更新。
2017年12月13日
目標に合わせて選べる学科を更新。

カレンダー

2018年12月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

美容師になるには?美容専門学校?見習い?

美容師になるには美容専門学校に行く必要があります。
「見習い」として資格なしでも美容院で働くことはできますが、そのことと「美容師資格」とはまた別のものなのです。
美容師、つまり美容師免許を取得するには条件があり、美容専門学校などの養成施設にて決められた課程をこなすことが条件です。
見習いとして美容院で働いている場合は通信制の美容専門学校に行き、課程取得する必要があります。
通信制なので基本的には送られてくる教材で学科の勉強をするだけですが、月に1回ほど実際に学校にいくスクーリングに参加することも条件となっています。
通信制の場合は基本的に3年間の受講が必要ですが、それを全てこなすと美容師国家試験の受験資格をえられます。
一方で見習いとはならず美容専門学校に昼間通った場合は、2年間です。
在学中に美容師国家試験の受験資格を得られるので、学校の卒業時には美容師免許をもっている状態になることがほとんどです。
国家試験ですがその内容は決して難しいものではなく、ほぼ全員が受かるような内容になっています。
筆記試験と実技の両方が必要になっているのですが、日ごろ学校や美容院で学んでいるのであれば充分に合格することができるでしょう。

より良い美容専門学校の選び方

美容業界で働きたいのであれば、美容専門学校で勉強をすることが有効です。そんな美容専門学校を選ぶ時には、資格の合格率や就職率をしっかりと確認しておくことが大切です。
美容専門学校というのは、学費が高いことが多いため、少しでも安い専門学校を選びたいと考える人もいるでしょう。しかし、美容師のように国家資格が必要な仕事を目指す場合は、資格を取得できるということが何よりも重要になります。資格試験の合格率が高い学校の場合、試験対策などをしっかりと行っている可能性が高くなります。そのため、卒業までに資格を取得したいのであれば、合格率の確認をしておくことが大切です。
そして、美容業界で働くためには、就職ができるということも重要なポイントとなります。就職率が高い美容専門学校の場合、多くの求人があるだけでなく、就職関連のサポートも充実していると考えて良いでしょう。そのため、就職率の確認も大切です。
更に、働きたい会社やサロンが既に決まっているという人もいるでしょう。その場合は、進路実績を確認し、希望する会社に就職をした人がいるかどうかを確認しておくことがおすすめです。希望の会社への就職実績がある美容専門学校であれば、満足のいく就職活動ができるでしょう。

Copyright(C)2017 美容師の夢を叶えたいのなら美容専門学校へ行くのがベスト All Rights Reserved.